鍵のトラブルにお困りの方必見|すぐに解決してくれる場所

緊急事態から防犯まで

ドア

緊急事態の救い主

外出先から帰ってきて家に入ろうとするとき、鍵を紛失したことに気づいたら平常心を保つのが難しくなります。一人暮らしの人が紛失した場合では、ドアや窓ガラスでも壊さない限り中に入ることができません。集合住宅の場合でも合鍵を持つ管理人とすぐに連絡がつくとは限らないので、たいていの人は途方に暮れてしまいます。そんなとき頼りになるのは、鍵の緊急開錠に対応している救急業者です。地理的条件によってもある程度の差はありますが、早い業者なら深夜でも30分以内に駆けつけてくれます。救急業者は緊急事態に助けてくれる救い主のような存在なのです。鍵の紛失トラブルは自宅玄関のケースに限りません。外出先で紛失しがちな例としては車やバイクのキーも挙げられます。近くに交通機関のない場所でキーを紛失してしまったら、自宅まで戻る手段さえ失いかねません。そんな緊急事態にも救急業者は可能な限り迅速に対処してくれます。ロッカーや金庫の鍵を紛失して開けることができなくなったケースも含めて、日々さまざまなトラブルを解決しているのです。

防犯対策も重要

駆けつけた救急業者によってトラブルも解決し、自宅に無事入ることができたとしても、それだけではまだ安心できません。落とした鍵を誰かに拾われ、悪用されないとは限らないのです。拾った人が万が一泥棒だったりしたら、いつ空き巣に入られるかわかりません。そうした不安に脅えながら暮らすよりも、鍵をシリンダーごと交換してしまった方が安心できます。そうした交換作業にも救急業者は対応しますので、できれば開錠してもらったその場で交換を依頼した方がいいでしょう。ただし賃貸住宅や集合住宅では指定業者でなければ交換できないケースもあります。車やバイクなどの鍵も紛失したらシリンダーごと交換した方が安全と言えます。いずれのケースでも緊急開錠後に警察へ紛失届をすることが大切です。親切な人が拾ってくれた場合は、警察に届けられていることも考えられるからです。とは言え今は合鍵が簡単に作れる時代でもあります。一度紛失した鍵は二度と使わないことが無難です。